美容・化粧・メイク用の高演色LED

美容・化粧・メイク用の高演色LED

2016年04月13日(水)5:18 PM

自宅でヘアスタイルをセットしたり、メイクをしたり、洋服を合わせたりしても、外出先で変な目に見られ、イメージと違うことに気づいて、もしかして、自分のセンスが悪かったとか、色合わせが下手だったとかと疑ったりしてしまって、がっかりしたことがありませんか?

実は違和感を作り出したのは照明のせいかもしれません。

QQ截图20160412114111

この写真は電球色と昼白色のLEDを使用した状況を撮影した写真です。照明の色を変えるだけで、肌色と洋服の色がこんなに変わります。なぜかというと、電球色の照明により、赤色が映えて、赤系の化粧をすると、昼白色の照明下で見ると、赤が不足しているように見えます。逆に昼白色の照明でメイクし、自然光で写真を撮影すると、赤色が目立ち、非常に濃く見えてしまいます。(失敗例)

pict22

ですので、理想なのは外出先のライトアップと近い照明でメイクすることです。となると、お化粧をする場所にもっとも適しているのは電球色から昼白色、さらに自然光までの光を発する調光タイプの照明です。ボタン一つで同じメイクを室内と屋外での見え方をシミュレーションできます。

 

ドレッサーでも洗面所でも調光タイプの電球を増やしても、光が偏ったりするため、化粧と服のコーディネートはやはりイメージ通りに仕上がることができません。こんな時、間接照明用のLEDテープライトをおすすめします。

YujiLEDは新商品として色温度2700K-6500Kまで調光可能タイプのテープライトをリリースしました。高演色LEDなので室内でも自然光に限りなく近い光を当てられます。

※画像の出処:http://www.watch.impress.co.jp/ledwatch/led3/

http://unipole.co.jp/580

 


  |  

商品検索