Yujileds® の新商品―ウルトラフルスペクトル (340nm-1000nm) LED

背景

    YUJILEDS®を知って以来、多くのお客様が「リアルセンス」フルスペクトルが一つのコンパクトパッケージに統合される製品の開発を要求してきました。これを解決するため多くの課題に直面し、現在「リアル センス」フルスペクトルLEDが実現しました。

概要

このLEDは、370nmと400nmの2つのLEDチップを備えた2835パッケージを使用し、最新の近赤外および遠赤外蛍光体を含む6種類の蛍光体を励起します。 蛍光体の励起と発光、およびストークスシフトの基本に従って、図1は結果のスペクトルの基本原理を紹介し、図2は実際のスペクトルの組み合わせを示しています。

図 1. 統合されたフルスペクトルの原理. 

図 2. 標準軸と対数軸とのスペクトルの組み合わせ。

完全な波長カバー

370nmチップの最短波長と800nm蛍光体の最長波長により、この完全なスペクトルは350nmから1000nmの範囲をカバーします。これは一般的な分光計のテスト範囲超えています。 チップの2つのピークに加えて、異なる波長のスペクトルは、標準的な20%の相対強度で均等に分布しています。 スペクトルパワー分布は、対数軸でより明確に観察できます(図2)。

強化された赤外線放射

このスペクトルの飛躍的な技術進展の1つは、近赤外および遠赤外蛍光体です。 市場に出回っている現在の赤外線蛍光体の放射力は弱く、離散的であり、一般的に軸を標準から対数に変換するときにのみ観測できます。この新しいフルスペクトルでは、660nmと1000nmの間にギャップはなく、赤外線部分は視覚波長と同じくらい強いです。

UniPoオンラインショップよりご購入いただけます。

Follow me!