標準光源(D50 / D65)LED

D50は、昼光シミュレーションの標準光源として、色検査、色評価、色校正、印刷と製版の色確認、印刷照明などの産業で広く使用されています。

ISO3664:2009は、反射性媒体と透過性媒体(印刷やフィルムなど)の画像、及びカラーモニターで個別に表示される画像に表示条件を指定しています。

D50 LEDは、色度パラメータに関して、ISO3664:2009に部分的に準拠しています。 5000Kと违うのは、D50のスペクトルはCIE D50によりシミュレートして、色度座標の許容誤差はISO3664:2009に準拠しています。同時に、5000Kと同じの優れた演色性を備えています

VTC D50製品とは

VTCシリーズD50製品は VTCシリーズ5000K製品に基づいて、いくつかの調整が行われています。

VTC5000KVTC D50の違い

VTC5000Kと比べ、YUJILEDSは2つの方法でVTC D50をカスタマイズします。

1.VTC D50のスペクトルはCIE D50によりシミュレートしています

2.色度座標の許容値は、ISO36642009に準拠しています。

他のパラメータは?

カスタマイズ以外に、VTC D50は一般的なVTC 5000Kと同じ優れた演色性を維持しています。

典型的なCRI:

典型的なCQS:

※CRIとCQS値は参考値であり、保証値ではありません。

Fluroscent D50VTC D50の比較

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ISO3664:2009準拠D50製品紹介

D50 LED T8直管とは、可視域と紫外域の両方で高演色指数(Ra 97+)と低いメタメリズム(条件等色)指数があります。 このD50 LED T8直管は、ISO3664:2009規格に準拠して、理想的な表示条件を作成できます。 エネルギー使用量は30%削減されます。 色見台、色評価、印刷工場などの場合で使用できます。

D50LED購入はこちら

ISO3668:2017準拠D65製品紹介

D65とは、ISO3668:2017によって定義されており、6500Kの標準光源に近いです。この規格は、色観察と色合わせのために必要なすべてのパラメーターを説明しています。 主に、サンプルまたは製品に色評価する必要がある製造業に適用されます。

D65LED購入はこちら

Follow me!