日本印刷学会、「色評価用LED照明を用いた印刷物観察条件のガイドライン」(JSPST-1998改正)策定

日本印刷学会は、色評価用AAA蛍光灯の国内生産中止に伴い、 色評価用LED光源を用いた印刷物観察条件のガイドライン」を策定した。
日本印刷学会では、1998年に「透過原稿、反射原稿及び印刷物の観察方法」と題して、反射原稿や印刷物を観察する方法を提示し、印刷物を対象とした印刷業界における観察条件の推奨規格(JSPST-1998)を作成した。同規格では、観察するときの照明光として、イルミナントは CIE昼光のD50、演色評価数Raは95以上、特殊演色評価数Riは90以上を規格としている。この規格を満足する常用光源として、印刷業界では長年の間、色評価用AAA蛍光灯が広く採用されてきた。
この推奨規格を満たす照明として、色評価用AAA蛍光灯が長く使われてきたが、LEDの省エネルギー・長寿命という優れた特性や政府の積極的な後押しもあり、様々な照明のLED化が急速に進み、色評価用の照明としても、2017年頃から色評価用LEDが数社から登場してきた。これらの色評価用LEDについて、メーカーはJSPST-1998を参考としていたが、JSPST-1998は当時の蛍光灯を実環境として作られたものであり、LEDに適用可能であるかは分からなかった。このため、JSPST-1998を満たしていても、色評価用照明に適しているかは分からなかった。
そこで、日本印刷学会と照明学会が共同で実証実験を行い、UniPo株式会社は協力会社の一社として、UV光を含む国際標準サンプルを提供している唯一の会社です。その結果をもとに「色評価用LED照明を用いた印刷物観察条件のガイドライン」を策定して発行した、UniPo株式会社のYuji LED色評価D50直管が基準にクリアしている評価を受けました。

同時に発行された解説書では、「なぜこのようなガイドラインとなったのか」、という根拠を示すべく、この実証実験の概要と結果・考察が示されている。
日本印刷学会では、このガイドラインについての理解を深めてもらうためのセミナーを開催しました。

Yuji LED色評価D50直管詳細は商品ページをご覧ください

Yuji LED 色評価D50 LED 直管Pro(UV光を含む、国際標準ISO3664:2009)

Yuji LED 色評価D50 LED 直管Basic(JSPST-1998、国際標準ISO3664:2000)

Follow me!