映画照明(Film Lighting)

映画照明とは

動的シーン

撮影とスタジオ照明と同様に、照明はビデオや映画の制作の重要な要素であり、監督や撮影監督が作り出す劇的な効果を表現するための強力なツールです。常に静止している場面を照らす写真照明とは違い、映画照明は、常に動的シーンに使用されているが、写真照明のように、高演色と正確な色彩を求めていることが変わりません。

色の品質

映画撮影には、肌色の表現が常に重要な要素の一つです。特にモーションフィルムは、どんな細かいところでも、混乱することは許されません。ここで、うまく表現できる鍵となっているのは、光源の安定性と一貫性、色の品質です。勿論、ここの「色の品質」は、演色性のみならず、色の維持と色許容差とも関係があります。

ハードライトとソフトライト

月の光から太陽光までのシミュレーションは、調整できる照明環境が必要です。照明監督は通常、光をハードライトとソフトライトに分けて異なる撮影シーンを作成します。それは両者の照明スタイルが違っているためです。ハードライトは、いつもフレネルライトではっきりとした影を生むので、照明とシャドーの間に縁が「ハード」に見えます。一方、ソフトライトは、常に照明パネルでほとんど影がない効果を表現します。

緑のプラス・マイナスで色を調整

カメラは其々の分光感度を持っているため、違うカメラで表現された画像やビデオの色調が違いに見えます。一般的に緑かマゼンタの傾向があるので、分光器で測定される標準白色光は、必ずしもカメラと同じではありません。

たとえば、カメラAは一般に緑の傾向、カメラBはマゼンタの傾向がある場合、少なくともライト2台でカメラの調整を取り掛かなければなりません。

  • ライトA:カメラAを調整するためのマゼンタ色の色調
  • ライトB:カメラBを調整するための緑色の色調

これは決して簡単なことではないことが言うまでもなく、多くの金と時間がかかります。そして、逆光補正の機能は、常に正しい白色を保持するために、ユニバーサルライトにとって非常に重要なことになります。

多色ソリューション

理想的なドラマ効果を実現するためには、常にいろいろな色を追加していろいろなゲルをシミュレートする必要があります。高品質の白色光のほかに、正確かつ全色域の色が必要です。

ただ色の追加だけではない

色の追加は思ったより容易なことではありません。さまざまなゲルに固有の定義があるので、さまざまな色相と彩度の調整が必要とされます。それは光が合理的に使用されるかどうかが決まりです。先進的なLED技術では、正確なカラーポイントを実現するために、主波長/ピーク波長と互いの許容差を制御できるかどうかが鍵になります。

単色光

定量化の原理として、単色光は主に、CIE図の上で特定の色度座標を到達し、しかも、長時間実行した後にも、その安定性と一貫性を維持しなければなりません。総合的な効果を得るために、2つ以上の単色を混合する場合、色の安定性と一貫性を維持することはより重要になります。色のいずれかが安定しなくなると、色システムの全体の乱れにも及ぼします。

白色光

白色光は、単色光より、自然光のシミュレーションに集中しています。これはエネルギースター(Energy Star)の定義とは異なります。エネルギースターは白色光のDUV許容範囲を±0.006に定義し、DUVを昼光CCTのプラス値としてターゲットしています。 映画撮影の理想的な白色光は、すべてのCCTがプランク軌跡(黒体軌跡)に近く、許容範囲が0±0.003になることです。これでなければ、純粋な白色光をもらえません。

フリッカーフリーの照明環境

映画は動的シーンで構成されたものです。そのうち、芸術的効果を作成するためによく使用されているスローモーションは、チラツキののない照明環境が必要としています。普通にフリッカフリーに見える照明は、カメラを高速モードで撮影とチラツキが見えてくるかもしれません。

蛍光灯のフリッカー

蛍光灯の発光原理は、電気パルスが点灯管内の水銀蒸気を励起し、その水銀蒸気に生成された紫外線が蛍光体に当てて可視光線に変換するとのことです。蛍光灯のフリッカーは、安定器が約5KHzで高速の電気パルスを提供しているため、一般に目で感知されないが、高速で撮影する場合にキャプチャされる可能性があります。とのことで、一般的な蛍光灯は撮影照明に向いていません。

LEDのフリッカー

フリッカー調光器付きのLED

240 FPSでの撮影

フリッカーフリー調光器付きのLED

240 FPSでの撮影

LEDは直流給電のため、正しい駆動電流を使えば、その自体がちらつきが発生しません。但し、ACをDCに変換する場合、ドライバーが整流とフィルタ処理を含む一連のタスクを実行するプロセスの中で、フリッカーが生成されるかもしれません。例えば、パルス幅変調(PWM)の場合、120 FPSでの高速撮影でフリッカーを避けるため、周波数を少なくとも25KHzにすることがお勧めです。

映画撮影の照明にYUJILEDSができること

01

業界最高のCRI / TLCIを有する白色LEDソリューションを提供しています。

02

映画照明向け、カスタマイズがもちろん、実現できる色をすべて完備した幅広いCCTオプションを提供します。

03

プランク軌跡に沿ったすべての色度ビンは一貫性が高い。

04

主波長を一番厳しい2.5nmの許容範囲内に抑えることで、素晴らしい色度一貫性を実現し、高彩度かつ正確な単色LEDソリューションを提供しています。

05

高CRI/TLCIを有するLED白色光と単色光の完璧な集積。

06

スローモーションモードでも、マルチチャンネル制御とフリッカー防止機能をサポートします。

07

特殊なプロジェクトや製品に向け、調整可能なスペクトルをカスタマイズできるサービスを提供します。

08

多様な需要に合わせ、特定の色度ビンをカスタマイズできるサービスを提供します。

09

色品質管理を完備したテープライトやMCPCB、その他半製品などのカスタマイズサービスを提供します。