医療照明/LED光療法(Medical Lighting / LED Light Therapy)

医療用照明のカテゴリー

医療分野での光源は、用途別で主に以下のカテゴリーに分類します。

病院の室内及び室外の照明

蛍光灯、グリル灯、シーリングライト、スポットライト、ダウンライトが一般的です。

検査用照明

主に病変部位の検出と観察に使用されますが、喉頭鏡ランプや歯科用ランプなど透過性のある、狭角度の指向性照明器具として使用されています。

手術用照明

手術用照明は、固定型とモバイル型の2つのタイプに分類します。現在、キセノンランプとLEDシャドウレスランプは主流ですが、非常に高価です。

紫外線で消毒と滅菌

紫外線を利用して医療機器及び医療器具を滅菌することは、高速的及び高効率的です。

光療法

光療法、または光線療法は、光生物学的作用効果を利用して、特定の波長の光で人間の皮膚または特定の組織細胞の成長を刺激または阻害することにより、治療の目的を達成するための治療法です。

これらの医療用途の中で、LEDライトは、滅菌、生化学機器、光線療法機器などの医療分野に適しています。また、医療用内視鏡、手術用無影灯、手術用顕微鏡などにも使用されています。

医療用照明にLEDを使う理由

医療用照明でLEDを利用するには、長寿命や低放熱、動的な制御、低エネルギー消費、低コストなど、多くの利点があります。LED技術は近年著しく改善され、最近では、様々な医療装置に、例えば、室内照明、手術用照明、検査照明、光治療、内視鏡検査などに統合されています。

医療処置中に、スタッフがケアを行う際には、高い演色評価数(CRI)とグレアレス光照射が大切です。患者の部屋はマルチ機能付きの照明が要求されます。患者に細心の注意を払うことに忙しい医師やスタッフを支援する一方で、快適な医療環境を作り出すことで、治癒プロセスにも貢献します。病院の廊下や階段、ラウンジなどの公共エリアでは、人々がはっきりに見えると快適に過ごせるため十分な明るさが必要です。

その上、医療照明におけるLEDの応用は、1つの本質的な利点があります。それはLEDが冷光源であることです。医療処置中に多くの特別な場面では、手術室や特別な治療室などの冷光源を使用する必要があります。その理由は、手術で熱い光源を使用すると、ランプが熱くなりすぎて、人やランプ自体を傷つけ、手術が失敗する可能性があります。その意味で、LEDライトのような冷光源は医療用照明に向いていると思われます。

LED光療法

1990年代に、NASAは宇宙で植物育成照明として可視光を使用しました。これらのデバイスで使用されるLEDライトは、太陽の10倍の明るさでしたので、植物細胞生産と光合成プロセスを加速させました。

1990年代後半に、人間の皮膚で赤色LEDライトの照射実験を行って、赤色光が人間の皮膚細胞の成長を促進できることが発見されました。この発見によって、赤色LEDは皮膚の損傷、にきび、炎症を起こした酒さを患った皮膚、乾癬、シミ、しわ、皮膚がん、または黒色腫の治療などに広く使用されています。

LED光療法は、肌の構造をサポートする酵素、エラスチン繊維、コラーゲンの生成を促すので、より若く、滑らかで、ハリのある肌を作り出せます。安全で自然な非侵襲的な治療方法です。損傷した皮膚を修復し、細菌を殺してニキビと戦い、毛穴を縮小し、小じわやしわを劇的に減らし、関節の痛みを和らげ、傷跡やストレッチマークを減らし、色素沈着を均等にするなど、様々な効果があります。

LED光療法は次のことができます。

・慢性痛を和らげる

・細い線やしわを減らす

・にきびの改善

・髪の成長を促す

・加齢による見た目の老化を遅らせる

・創傷治癒のスピードアップ

・睡眠サイクルを改善する

治療用のLEDライトの種類について

人間の皮膚と光の浸透

青色光

青色光は強力な抗菌性質があり、刺激なしでニキビの治療に使用されます。油の分泌を減らし、将来のバランスの崩れを防ぎます。また、UVフリーの代替品として、湿疹および乾癬の治療ができます。

赤色光

赤色光は、酒さの医学的に承認された治療法であるように、自然の水分補給レベルを高め、赤みと炎症を減らし、毛穴の外観を縮小し、油の分泌を調整し、循環を改善し、皮膚の修復を促進します。

近赤外光

近赤外光は最も深く吸収される波長であり、細胞の透過性と吸収性を高め、しわを滑らかにし、弾力性を改善し、痛みと炎症を軽減し、創傷治癒を促進し、嚢胞性座瘡を治癒します。

YUJILEDSが医療用照明と光線療法にできること

高出力密度

YUJILEDSはSMD及びCOB型で通常LEDより10倍のパワーを安全に提供します。これにより、医師や医療電子機器が正しい画像を簡単にキャプチャーできます。

高CRI及び高R9

YUJILEDSは、医療用途向けにR9≧90のBCシリーズ(CRI≧95)及びVTCシリーズ(CRI≧98)LEDを提供しています。高いCRIは、医学的観察、検査、手術、及び治療中の基礎です。このような高CRI光は、医療センターの一般照明に最適な光源です。R9は人工照明の赤色の品質を示し、赤は肉と血液の主要な色指標です。これは、医療機器による画像のポストプロダクション及び分析にも重要です。

クロマの精度と一貫性

通常、医療処置中に複数のライトを使用しますので、ライトの一致性と一貫性は非常に重要なことになります。YUJILEDSは、業界で最高のクロマ精度と一貫性をそろえたLED光源を提供しています。

カスタムスペクトル

YUJILEDSは、研究開発能力と蛍光体の専門知識により、幅広いカスタムLEDスペクトル設計を提供しています。450nm-730nmの範囲をカバーする92種類以上の蛍光体、365nm-950nmのLEDチップの調達により、YUJILEDSは顧客にとって最も望ましいスペクトルをカスタマイズするためのフル機能を提供します。YUJILEDSは405nm-450nmの発光レシピをそろえたフルスペクトルシリーズLEDを提供します。また、指定された色の特定の比率をカスタマイズして、医療目的に適合させることも可能です。